電報を送るときに注意しないといけないこと

電報を送る時には送り方に注意しないといけません。祝電はもちろん弔電のときに間違った送り方をしてしまうと相手に対して失礼になりますし、不快な思いをさせてしまうかもしれません。受け取る相手が喜ぶことのできるような電報を送るためにはマナーなどを守って送りましょう。

弔電を送るときに気を付けないといけないことは指定日に届くかどうかです。突然亡くなり、通夜が当日に行われてすぐに葬儀となると送る暇がありません。早めに電報を打たないと当日に届かなくなります。また故人への敬称を間違ってしまうと失礼になりますので電報を打つときには注意してください。

祝電は早めに用意することができるため当日に間に合わないなんてことは滅多にないと思います。ただお祝いの席でのメッセージになりますので電報本文には間違った言葉を使わないようにしてください。日常の感覚でメッセージを打つと祝電として相応しい物にならないこともあるので注意です。

電報を送るときに注意しないといけない点はこれ以外にもまだまだあります。送った後に間違いを指摘されたりしたら恥ずかしいですし、大事な会場の雰囲気を台無しにしてしまうこともあります。電報を打つときも送るときも気を付けるポイントを理解して電報を利用してみてください。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Engine: WordPress, Design: Kwatery Prywatne.